合宿免許選びのポイント入校時に必要な書類は?

合宿免許は短期間で効率的に運転免許を取得できる上に取得費用も通常の教習所とほとんど変わらないのが魅力です。

とりわけ合宿施設の充実に力を入れている教習所はレジャー気分を味わえる雰囲気を整備しており、学生を中心とした若い方に人気があります。



合宿免許を利用するメリットの一つに「追加料金なし」が挙げられます。

通常の期間内に全過程が終了せず、期間延長(延泊)等が生じた場合であっても基本的に料金(宿泊代、受講料等)がかからないのが魅力です。

またその他にも「合宿所の交通環境」があります。都内の教習所は信号が多く、また平日の夕方は道路が混雑するため、教習生にとっては非常に負担がかかる場合も少なくありません。
一方、合宿所は地方のため、信号も交通量の少ない場所が多く、路上教習でも比較的運転がしやすいのが特徴です。

入校前に確認しておきたいのが必要書類です。

本人確認書類として住民票の写し。


これは本籍地が記載されている必要があります。
取得の際には確認しておきましょう。



特に注意しておきたいのが「住所地」です。一定の地域に住所、住民票もしくは実家のある場合ですと入校できないケースがあります。
基本的に地元の方、即ち「合宿免許で取る必要がない」方は入校不可のケースが多いので注意が必要です。
教習所を選ぶ際に確認しておく必要があります。

身分証明書として健康保険証、パスポート、あるいは住民基本台帳カードのいずれかが必要です。パスポートは有効期限切れ、または合宿中に期限が切れる場合は使用不可となります。
なお、印鑑は認印で大丈夫です。

女性の場合、注目しておきたいのが「女性専用の設備」です。



待合室や宿舎等が女性専用という場所もあるため、女性が一人だと不安という方にとっては非常に魅力的なサービスだといえます。
また相部屋以外にもシングルを選択できる場所もあり、希望される方はプランの有無を確認しておくとよいでしょう。